うつで拒食(症)になりやすいのは、あまりのショックや悲しみで気力、体力が激しく消耗された時です。エネルギーの枯渇が起きたともいえます。

もう少し具体的にいうと、

・気分がひどく落ち込み、闇の中に突き落とされた感じ

・1日中悲しくて悲しくてたまらない

・ 自分のせいだ、という自責の念に始終しめつけられる

という具合です。

深い闇の中に落ちてしまって、這い上がる力もない、何かと言うとすぐに涙が出てしまう、あのときの悲しいシーンが何度も頭から離れない。

そして何より、そういう状況にしてしまったのは全て自分なのだ、悔やんでも悔やみきれない。自分を責めてせめて、これでもか、というほどに痛めつけます。

こうして心身ともに自分の内にあったはずのエネルギー(元気)の源泉が枯渇していくのです。



 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!


  • うつで拒食症になるタイプ 記事一覧

    欝病で拒食になる人の特徴

    欝(病)で拒食(だけ)になりやすい人というのは、性格的にも特徴があるようです。非常に真面目、突出した努力家は、時として疲れ果てて欝(病)をわずらいやすくなります。目...

    拒食タイプのの性格的特長

    うつで拒食(だけ)になる人は、性格的にもいくつかの違いがあるようです。拒食になりやすい人特有の、生真面目、努力家、責任感が強いといった特徴は既に挙げたところですが、それらに...

    うつ、拒食、退屈な人?

    うつでも「拒食だけ」のタイプ(過食がない)は、退屈な人(笑)かもしれません。ただ、誤解しないでほしいのは、「退屈」というのは、「他人から見て退屈」ということで、本人にとってはそんな...